公正証書

公正証書とは

公正証書は、法律の専門家である公証人が、公証人法・民法等の法律に従って作成する公文書です。

 

公文書ですので、皆さんがご自身で作成する私文書より、高い証明力があります。

 

また、金銭の貸借や養育費の支払等、金銭の支払を内容とする契約の場合において、債務者が金銭債務の支払を怠ったときは、債権者は、私文書での契約の場合、裁判を起こし、裁判所の判決等を得て初めて強制執行をすることができますが、公正証書で執行認諾文言(※)付の契約を結んでおくと、裁判所の判決等を得る必要がなく、直ちに強制執行手続に入ることができるというメリットがあります。

 

 

※執行認諾文言・・・債務者が直ちに強制執行に服する旨の陳述のこと

公正証書の作成スケジュール

公正証書を作成する際は、事前に必ず公証人との打ち合わせ(要予約)が必要です。

 

また、案文作成にお時間をいただきますため、初回来所時に公正証書ができあがるわけではありませんので、ご注意ください。

 

初回打ち合わせから公正証書完成(調印)に至るまでの詳細なスケジュール(依頼内容により多少の変動があります。)は、下記PDFファイルにてご確認ください。

 

作成スケジュール(PDF)

各種公正証書

遺言

 

離婚・別居

 

委任・任意後見

 

尊厳死宣言

 

不動産賃貸借

 

金銭消費貸借・債務弁済

 

死因贈与

ページのトップへ戻る