謄本認証

謄本認証とは

謄本認証とは、署名または記名押印の認証(署名認証)を受けることが困難な私署証書(私立大学の卒業証明書・各種資格の証明書等)について、公証人が当該私署証書の謄本を原本と照らし合わせ、謄本が原本に相違ない旨の証明をする手続のことです。

 

あくまでも、当該私署証書の謄本が原本と符合する旨を証明するのみであり、文書内容の真実性や適法性等について公証人が証明するものではありません。

手続の流れ

事前に来所日時をご予約の上、下記必要書類をご持参ください。

所要時間は、案件によりますが、概ね20分~30分程度です。

必要書類

(1)認証を受ける私署証書の原本及び謄本(写し)

※私署証書が外国文の場合は、翻訳文が必要です。

 

(2)来所者の身分証明書類(運転免許証等)

手数料

こちらにてご確認ください。

ページのトップへ戻る